2009/12/09

ミラー装着

ふいーまたサボっちゃった。

では、まずは前回のかっこいいミラーを装着したところから。
ミラー

よーしバランスもイイよ!車体に取り付けてもカッコいいぜ!!
心配だった耐振動も全然大丈夫そうで一安心。


そして今回はコレだけじゃないよ!
このミラーよりずっと長〜い事探し求めていた、それこそ長年の、
ね・ん・が・ん・の
キャップ
グレーのキャップを

キャップ
てにいれたぞ!


え?なにか分からない?
コレですコレ。

クラッチマスターのリザーブタンクのキャップ。

コレは国内メーカー各社で純正のクラッチマスターやリヤブレーキマスターのリザーブタンクとして使われているもの。
デイトナとかでもアフターパーツとして売られているから使ってる人も多いと思います。
ニッシン製なのかな?

で、いきなり話は飛んでみんな大好きMotoGPマシン。
ほぼ全車ブレーキコンポーネント及びクラッチマスターはブレンボを使ってるじゃないですか?
’09だとグレシーニだけがニッシンかな?
当然ブレンボからエンジニアが派遣されて来たりしてるワケですよね。
にもかかわらずこのニッシン製(?)カップを使ってるマシンが多いんですよ。
もちろんブレンボにだって大小さまざまなタイプのカップが有るのに。
しかもホース径だって違うのに。
そろそろ雑誌各誌でも’09MotoGPマシンの詳細写真なんかが載ると思うのでチェックしてみると面白い!かも。去年の引っ張り出してもいいし。

俺なんかもここ数年、モテギやモーターサイクルショーやTV放送や雑誌やwebでチェックしてるんですけど、クラッチ側に関してはヤマハとホンダは100%コレと言っていいと思います。
ヤマハなんかは何年か前に削り出しのタンク一体型マスターになるまではリヤにもこのカップを使ってたし。
ブレーキ側になると、ヤマハはやはり市販車でよく見るニッシン製(?)の大型タンクを100%使ってるし、ホンダもニッキーがいた頃はそのニッキーのマシンはいつもニッシンの大型タンクでした。
ペドロサ車は両方あったけど確認出来てる中で後半の方はブレンボ製だったな。
スズキやカワサキも半々くらい、クラッチ側は大体ニッシンか?ってとこ。
ドカはあんまりよく見れるトコに置いてなかったりでサンプル数が少ないけど、ブレンボ製ばかりでした。

とまぁ話が長くなっちゃいましたが、コレはやっぱなんか理由が有るんじゃね?隠れた高性能パーツなんじゃね?
って事でマスターはAPですがニッシンのカップを愛用してきたワケなんです。右もね。こちらも勿論コダワリ有りなんだけど長くなるのでまたいつか。

で、なぜにこのグレーのキャップを探してたかというと、ホンダのマシンは全てコレなんです。
右のキャップは黒で左はグレー。
このちょっとしたこだわりポインツにグッときてずっと探してたんですよ。

それを今回!ようやく見つけて!喜び勇んで装着だぜ!!
ミラー
たぁー!

ミラー
とぉー!!

よしっと・・・微妙?
イヤイヤ俺は満足だぜ!
tag:SR
posted by tomita at 23:56 | Comment(6) | TrackBack(0) | バイク
この記事へのコメント
うわっ変・・・もとい細かっ!
いやいや、流石でございますよ。グレーは黒と何が違うのかな〜。
着色材の関係でグレーのほうが密閉性が高い、とか??
Posted by KEI at 2009年12月18日 18:04
へへ〜もっと褒めて〜(違)

で、色によっての違い?んーと・・・
グレーだと〜、なんかちょっと気を使ってるっぽい感じで良い。
ってくらいかな?(笑)
いや個人的には非常に満足度の高いカスタムでは有ります。ほんの数百円のモノだし。

まぁ、色はともかくカップのサイズでタッチと言うかフィーリングは変わりますよね、
たぶんダイヤフラムの直径の差が一番大きな違いなんでしょうけど。
今までいくつか試してきた経験では、大きい物の方がタッチがシャープなような気がします。
確実に言えるのは小さいカップの方が、ダイヤフラムがめくり返ってタッチが悪くなりやすいって事ですね。
Posted by とみた at 2009年12月19日 00:51
それでもおいらはAカップ(小さいカップ)好き♪
Posted by NARI at 2009年12月19日 13:47
俺もAカップ大好きですよ♪タッチがシャープだし(笑)

ま、マメにチェックしてゴムがめくれてたら直してやりゃ良いだけなんですけどね。
ものぐさなモンでそれすら面倒くさかったり。
あと昔はWディスクだったせいか結構頻繁にめくれてたんですよね。
Posted by とみた at 2009年12月20日 00:13
どもども。
あいかわらずマニアックですねー。
このミラー一時期欲しかったんですよねぇ
今度、実物を見せてください。
フルードキャップの色は・・・ワークス系は
単純にトラブル防止のために色分けしてるのでは?
ブレーキはグリコール系。クラッチは熱に強いシリコーン系とか。
ブレンボは名水LCF600を出すまでライバルのロッキードの
フルードを純正指定していた逸話がありますからね。
マスターカップも何かあるかもしれませんねぇ・・深そうだぁー

Posted by tact* at 2009年12月22日 10:50
tact*さんならこのミラー何処のか分かると思ってました、流石です!
キャップの洞察も深いですねぇ〜、有りそう。
もっと単純にHRCエンジニアのお洒落心だと思ってたのが恥ずかしい・・・
ホラ、江戸っ子は羽織の裏地や足袋の金具、雪駄の鼻緒みたいなトコロに凝る、みたいな(笑)

そうそう、特にレースでは良いとなれば他社のだろうが使ったりしますもんね〜
そういえば今はそのAP600の更に上級グレードのフルードが出てるんですよね、PRF660。
APユーザーとしてもちょっと気になるけど・・・高い・・・500mlで¥6,930-。
フルードは余っても保管が・・・
Posted by とみた at 2009年12月23日 03:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。