2006/08/30

ハンズメッセ(2)

KEIさんに頼まれたライトを買いに行こうとハンズに行くと・・・・
ライトは売り切れだったんですが、商品追加でイイ工具が売ってるじゃあないですか!
いやぁ、俺ってホントーに物欲の神(別名・貧乏神)に愛された男だなぁ・・・
と、つくづく思いながらも買ってきました。

ジャン
messe-tools.jpg
どちらもバーコです。サンドビック時代の品の流通在庫かな?最近は見ないパッケージ。


まずは左、言わずと知れたモンキーレンチですな。モンキーと言えばバーコ・バーコと言えばモンキー。バーコのモンキーはちゃんとした工具です。
サイズは12インチ・305mm。サイズ比較用に12ミリのコンビを横に置いて・・・と。
monkey.jpg
アゴの開きは最大34mm。
いや、ちょうどこんぐらいのサイズのモンキーが必要だったんですよ!
それが1,980え〜ん!そりゃ買いますよ。


次に右っ側のウォーターポンププライヤー。
これも最近のは確かグリップがオレンジだったハズ。別に気にはしない。っちゅーか古い物の方がコストダウンされてなくって材が良かったりしそう(妄想)なんで願ったり叶ったり?
手持ちのコブラ250mmと同じくらい、使い勝手の良いサイズです。
wpp-1.jpg
俺はクニペックス信者なんで、握りモノはまず他の会社のは買わないんですが〜、コレはちょっと気になってました。
それが1,780え〜ん!っちゅうワケで迷わずゲット!

コレ、なかなか良さそう。
アゴの開度の調整がボタンで出来るのはコブラと同じなんですが、コブラのボタンがピボット部に有るのに対して、コチラは背中に有ってちょっと調整しやすい。
wpp-2.jpg
握る力を抜くとバネで戻る(アゴが開く)のもちょっと便利かも?

そしてなんと言っても、アゴの最大開度が段違いに広い!
wpp-3.jpg

ウォーターポンププライヤーは荒事に使う事が多いので強度が大事ですが、コブラやアリゲーターと同じように三枚合せなので問題ないでしょう!たぶん。


えー、このモンキーとウォポンですが両方とも便利この上ない物なので、明後日(もう明日か・・)の木曜までにハンズ渋谷店に行ける人は買っといた方が良いですよ?いやホントに。
 
posted by tomita at 01:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | ツール
この記事へのコメント
ご足労、ありがとうございましたm(_ _)m
プライヤーは分かるんですが、モンキーって、そんなに
使いますかぁ? あ、愚問でしたね(笑)。
いや、ぴっちりフィットさせられるのは分かるんですが、
なんかこう、例えバーコでも、モンキーって微妙に抵抗
あるんですよね〜。でも、いい買い物ですね(爆)。
Posted by KEI at 2006年08月30日 23:16
い〜え〜、たいした事ないですよ。おかげで掘り出し物をゲット出来ました。


モンキーの使い場所ですがぁ、ホラあそこ、カムチェーンテンショナーキャップです。
あそこってソケット入らないじゃないですか、確か。
だから随分前に思い切って27mmのメガネ買ったんですよ、スタビレーの。
材がアルミなんで、ちゃんとした工具でなるべく傷つかないようにしたかったし。

で、キャップをクラフトマンの窓付きのヤツに換えたら〜、使用工具のサイズまで変わってしまって・・・32mmだったかな?
27mmなら他にも使い道があるけど、そんなサイズだと〜?? 値段もかなりのモンだし。
ってんでメガネ購入には踏み切れず、テンション調整をやるのにお店まで行ってました。

そこで!このモンキーの出番ですよ!
使ってみて分かったんですが、ぴっちりフィットさせられるからボルトにも優しい。
この手のボルトやナット、アルミ製で締めつけトルクはそんなでもない、ってヤツにはどんなメガネ・スパナなんかよりもモンキーの方が上なんじゃないか?
と、思う今日この頃なのです。

モチロンちゃんとしたモンキーに限った話ですけどね。
Posted by とみた at 2006年08月31日 01:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。