2007/04/30

ESDエレクトロニクススーパーニッパー

下にあるネット作りでは、枠にネットを固定するのにタイラップを使ってます。バイク乗りだから。

今回使ったのはインシュロックの耐候タイプ。
百本入りで安いヤツだと¥100〜¥200くらいなトコロ、¥600くらいします。
んが、こんな、日光・風雨・寒暖等々にさらされっぱなしの場所だと、テキメンに持ちが違ってくるんですよねー。
こーゆーのは後々手間を掛けたくないんで、これで正解だと思っとります。

バイクに使う時はそこまでの耐候性は要らんでしょーがね。安物で困った事も無いし。
まぁ、どちらにせよタイラップはホムセンで買うのがオススメ。ナ○プスとかだと結構割高だから。


そんでもって今回便利だったのが、
KNIPEXESDエレクトロニクススーパーニッパー!(長)

nipper-1.jpg
コレ、基本的にタイラップ用として使ってるんですが、なにが便利かってーとヒミツは刃先にあります。

nipper-2.jpg
上の刃に何やら余計なモンが付いてる以外はごくフツーのニッパーに見えますがぁ、
この余計なモンが余計じゃ無いっちゅーかスグレモノでして、試しにタイラップを切ってみると・・・

nipper-3.jpg
この通り!切れっぱしが飛んでかないんですよ!

え?左手で切れっぱしを掴んでろ? それを言っちゃあ お終いよ(笑)

・・・じゃ無くって、例えば今回作ったネット、枠の上側は220cmくらいなんですが、
そーゆー高いトコだと、両手を上げて作業するより片手でパチパチ出来ると楽だし〜

バイクの整備に使う時なんかもね、
キレーに仕上げる為にも、タイラップの結び目なんかはフレームの裏側とかに持っていきたいですよね?
そんでもって、そんなトコロは手が入り難かったりするじゃあないですか?
やっとこ片手だけ突っ込んでプチッと切ったら、切れっぱしがどっか飛んでっちゃったりね、
でもって、どっかに引っ掛かってんのか 出てこないワケですよ。経験あるでしょ?

そんな時に重宝するのがコレ! ほーら、なんか便利な気がしてきた。(笑)


えー、他にも色々特徴がありまして、
例えば、俺が買った時はフラッシュカットニッパーって言って売ってたんですがね、
どーゆー事か言いますと、今度は刃先を裏から見るとよく分かります。
nipper-4.jpg
普通のニッパー(左・斜ニッパー、右・鋼線ニッパー)だと刃の合せが
 X ←こんな感じなんですが、コレは K ←こんななんです。

だから切り口も普通は > ←こうなるトコロが、 コ ←こうなるワケです。

つまり、切り口がキレイなのは勿論、切り口で手を切ったりとかケガしないで済むかもしれないって事。そんなトコでケガした事は無いけど。


ちなみに名前にも付いているESDってのは、グリップの仕様で、静電気をゆっくり逃がすようになってるらしい。パチッとこないって事かと。
だからなんだ?俺もそー思います(笑)ってか基本は精密電工用って事ですな。まー名前のまんまか。



今回登場のニッパー三種。全てKNIPEX製。クニペ最高。
nipper-5.jpg
上から、タイラップ用、配線用、それ以外用。と使い分けてるんですが〜
使い分けるために買い足した訳じゃあなくって、なんか買っちゃったから使い分けてるってのがホントのトコだったり(笑)


もし、これからニッパー買おうと思うんだけど何がイイかな? って人がいたら、
なんてったって、一番下の鋼線ニッパーがイチ押し!!
(強力型斜ニッパー、ピアノ線ニッパーとかって売ってたりも。)

コレはかれこれ十年以上前に買った物(SR買ってスグくらい)で、
もうバイク整備に限らず、身の回りでワイヤーやら針金やら切りまくって〜
プラの物とかを壊したりこじ開けたり、割りピン抜いたり、頭舐めた小ネジを回したり〜
と、まーホントにいろんな事に使ってきたワケですがぁ、全然今でも現役です。とにかく頑丈。
特に、”割りピン抜いたり”する時の『すっごくグリップの良いプライヤー』的な使い方が重宝します。

で、そんな感じでイロイロと荒い使い方もするワケなんで、
サイズも大きい方がイイですね、コレと同じ200mmがオススメ。
基本的に大は小を兼ねるでイケるし、どーしても入らないトコとか出てきたら小さいのを買えば良いかと。


逸品ぞろいのKNIPEXですが、俺はコレ(鋼線ニッパー)が最高の一品なんじゃないかと思ってます。
もし、KNIPEX製品を一つしか買えないとしたら〜、迷わずコレ! かな?
tag:KNIPEX 工具
posted by tomita at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ツール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。