2008/06/08

LEDウィンカー

最近の記事を見ると、もうビックリするぐらい趣味の園芸だ。
いやぁ、ここんトコ忙しくってね。
でも、畑の準備だったり種播きだったりは時期ってモンがあるから、ちょっと無理してでも進めてたワケで、結果こんなんなってるってワケですよ。イイワケだけど。

で、SRなんですが、実はつい二日ほど前に車検を無事通過していよいよ完成!
・・・したかと思ったらスピードメーターの初期不良が判明。
ま、破損率が非常に高いってのは聞いてたんでそんなにショックじゃないけど〜
さすがに走り出す前に出るとは思ってなかった(笑)
そんなこんなでいつものメーター屋さんに修理?に出されました。
そんなに『いつも』メーター屋さんに世話になるほどダメメーターばっかり使ってるんだなぁ、しみじみ。


さて、今回の本題はSRの仕上がりを確実に遅らせていた、お手製LEDウィンカーの製作記でも。

以前は市販の多灯LEDバルブを改造して使ってたんだけど、今回は自作してみる事に。
使用するのはパワーLEDと呼ばれるモノで、普通のLEDよりガーンと大電流を流せてガーンと明るいモノ。
普通のLEDの定格電流が20mA(ミリアンペア)くらいのトコロ、1Aとか余裕で流せます。
LEDウィンカー製作-1
真ん中のパッケに入った4つがそのパワーLED。
今回使用するのは、マニヤにとっては今更感が強い?LUXEON。
しかもK2ですらなくLUXEON III。

たぶん、今ならもっと高効率のがあるんでしょうが、俺もこの世界はちょっと疎くなってて探し切らんかったです。
まぁ、でも実用には充分そう。今回はとりあえず1Aでドライブするけど、いざとなったら2A以上掛けられるようなので明るさの心配は無いでしょ。
それだけ掛けてもSRのノーマルバルブの十分の一以下だしね。

左っ側にあるのがスター基盤と呼ばれる放熱板。
パワーLEDは通常のLEDに比べてケタ外れの大電流を掛けられるんですが、同時に発熱量もケタ違いで放熱は不可欠なんですね。
その熱は寿命にも直結してくるんで、さらにLEDを取り付けるベースを兼ねたヒートシンクを用意。
それが右にあるカラーのようなモノ。コレはリモーションで作ってもらいました。

それに先日我が家に着任したセイコードリルでクリクリと穴開け。
LEDウィンカー製作-2
LEDの固定用、配線通し用、ウィンカーへの固定用と、1つにつき計7穴。
さらにタップもコリコリと立てたり。うむ、メンドクセ。

で、このベースに
LEDウィンカー製作-3
スター基盤に『固まる放熱用シリコーン』と半田で固定したLEDを

『固まる放熱用シリコーン』と樹脂ネジで固定して配線をハンダ付け
LEDウィンカー製作-4
ウィンカーボディにチタンネジで取り付けて完成!
ピッタリサイズの上『固まらない放熱シリコーン』を間に塗ってあって、このボディー自体が放熱用ヒートシンクを兼ねてるという作り。


ちなみにこのウィンカーは、ポッシュのマシンドウィンカー。
根岸にてバフってあるのは当然の事、ウィンカーステーは短くカットしてあったり〜、レンズが他社製・しかもスモークレンズはカッコ悪いのでわざわざクリアレンズをオレンジに染めてみたり〜、もちろんチタンネジだったり〜
と、コダワリまくりんぐ・手間掛けまくりんぐの超スペシャルだったり。
いや、前からそうだったんだけど誰も気付いてくれなくって寂しかったから・・・


ともかく、こんな事を夜とかに時間を見つけてチマチマとやってたもんだから〜、ちゃくちゃくとSRの仕上がりが遅れていったワケです。
しかもコレ納品したっけ『一コ点かねーよ!』てな事になって、またモーレツに忙しい最中だったんで新たな部品を手配するのも遅くなって・・・
それぐらいチェックしてねーのかよ! と、突っ込まれそうだけど、その通り!チェックしてません!・・・ホントに俺っていいかげんだよなぁ。

さらには単に半田不良だったと言うオチもついてたり。
確かに『俺ハンダ付けヘタになったなぁ・・・』と思いながらやってたんですがね。
むかーしは得意だったのよ、秋葉でトランジスタとか買ってきてエフェクターを自作したりねぇ。
FUZZ FACEとか。知らない?ジミヘンが使ってた名機。図太く歪むんだよねぇ。
何のライブ盤だったか演奏の合間にBBCラジオが混線?して飛び込んでくるんですよ、コレ使ってて。
ちなみに日本、てか関東かな?ではニッポン放送が飛び込んできます。コレ豆知識ね。


ああ、脱線失礼。そんなこんなでSRの仕上がりは順調に遅れましたとさ。
tag:SR DIY Led
posted by tomita at 00:35 | Comment(10) | TrackBack(0) | バイク
この記事へのコメント
うほ〜、贅沢な造りですね〜!
でも・・・ウインカーは瞬間点滅なので、熱の面はそんなに
気にしなくても大丈夫カモ(笑)。あと、「いざとなったら〜」
は、パルス駆動で、ですよね。そのへん、ちゃんと記述しないと。
・・・あ〜うるせ〜おやぢだこと。。。すみませんm(_ _)m

ところで、電流値制御は、リレー出力線のところでまとめて
やってるんでしょうか? =私も考えてたお手軽作戦。。。
Posted by KEI at 2008年06月09日 16:15
手間掛けてますからねぇ、ゼイタクです!
でもコストはホンの数年前と比べてもぐっと下がりましたね〜
LEDにしろDCコンにしろ随分と安くなってるし。
ってかDCコンが完成品で売ってるし。
米粒みたいなパーツを面実装でハンダ付けしなくってもイイのは最高です。

電流制御はしまりす堂で売ってる『(半)定電流電源』を使ってます。
それをウィンカー手前に一つずつ入れてます。
リレー出力線のところでまとめてだと、LEDまでが長くなってロスが有りそうな無さそうなそんな気がしたんで。

「いざとなったら〜」はコレを2A出力のモノに変えりゃイイかな?ぐらいであんまり深く考えてなかったり。
このDCコンを2個パラで繋いだら電流倍にならないかな?とか。

スミマセン「ちゃんと記述しないと。」ってのは具体的に何処がどうマズイのか分かってません。
いつもの事ではあるんですが、特にこの件に関しては 生半可な知識 と 軽い検索 と 勘 と 現物合わせ でやってるモンで・・・
ご教示いただけると助かりますです。
Posted by とみた at 2008年06月09日 19:20
んとね、「いざとなったら〜」のとこですが、
LuxeonVの公称最大入力は1Aですよね。で、これをパルス入力
でなら2Aもいける、ということのはずなんです。
直の2A出力設定で入れたら、早々にLEDが焼損すると思います。
まぁ、ウインカーのように点滅入力だと大丈夫そうな気も
しますが・・・それならVでなくK2のほうが安心そうな。。。

さて。コンバータはしまりすのアレですか〜。
しまったぁぁ〜・・・同じだぁぁ〜〜〜〜 orz
Posted by KEI at 2008年06月09日 20:17
あーなるほど!やっぱり今でもLuxeonIIIは1Aまでですか。
いや、しまりす堂の説明で『1.4A〜2.2Aまで対応してます』と書いてあったんで鵜呑みにしてたんです。
知らないうちにブッチギリで大電流を流せるようになってたんだなぁ、と。ルーメン値もブッチギリだし。
あえてK2を選ばなかったのもそれが理由です。
何故だかアンバーやレッドだけは、IIIは1.4A〜2.2Aなんて大電流が掛けられるけどK2だと700mAとかになっちゃうし。他の色だと1.5Aなのに。
で、そこら辺の関係はオーディオQでの説明書きでも基本的に変わらないんで、なんか知らない間に進化してるんだろう、と。
まぁ、オーディオQではmax1540mAになってるんで、2A掛けるのは〜ホントにいざとなったらダメ元で、ぐらいのつもりでしたけどね。

あ、でもテールランプは1500mAのコンバータをストップ、300mAのコンバータをテールにと組み合わせて行こうかと思ってたんだけど無理なのかなぁ。
それ以前にそういう使い方(一個のLEDにコンバータを2個並列接続)出来るのかも良く分かって無いんですが・・・
Posted by とみた at 2008年06月10日 00:34
申し訳ないm(_ _)m ちょっと調査が足らなかったです。

LuxV、K2の技術の導入と、白のように蛍光体がいないので、
dataseatでmax1.4Aになってますね。
でも2Aってのは、どこから出てきているんでしょう。。。
直2Aは間違いなくヤヴァいと思います。
それに、LuxeonはTFFCやRebelで密かにリコール出してるし。。。

lm値は・・・アンバーは測定器で大きく出るようです。
測定器が拾う波長の、いいところの光が出ているとか。

1つのLEDに2つのコンバーター並列・・・は、実は最近、
ちょっと流行ってます(笑)。ただ干渉し合って設定通りの
出力にならない場合もあるみたい(笑)。
Posted by KEI at 2008年06月11日 00:38
1.5A+0.3A=1.8Aも厳しそうですねぇ。
でもコンバータ並列OKは朗報です。
確か、ストップはテールの五倍の光量?明るさ?とかだったから〜
目安としては、ストップを1Aにしたらテールは100〜200mAくらい?
ちょうど良いコンバータ無いかなぁ・・・可変抵抗付きは壊れるから使いたくないしなぁ。
固定抵抗に入れ替える?メンドくさいしハンダ付けに自信なくなっちゃったし(笑)
Posted by とみた at 2008年06月11日 23:39
何を言ってるのかさっぱりワカリマセンが、
このウインカーがかなり手の込んだ一点モノ。
という事だけはわかりました。

工業高校だったので、
旋盤、研磨、半田付け、LED工作等々は
昔は出来たのですが、今はさっぱり出来ません。

もうちょっとちゃんと勉強しておけばよかったと
今更ながらに思っています。



Posted by あんま at 2008年06月16日 23:03
そう「屁の突っ張りは要らんですよ!」みたいな感じよ。


んーまぁ、パリッと働いて〜ピシッとプロにお任せ!ってのも大人の正しい姿じゃん?
ってか、俺も良く分からないままヤッテマス。テキトーよ、テキトー(笑)ま、燃やさない程度にね。

Posted by とみた at 2008年06月17日 01:49
あう〜、パリッと働いて〜 なんてオトナな台詞を言ってみたい。。
私にはここんところ、無理ぽdeth・・・orz

テール:ブレーキの照度差、あんまり厳密に考えなくても
大丈夫かと(笑)。ウチのは判別は十分できるけど、法定の
輝度差は間違いなくないです。持ち込み車検で問題なく
通りましたけど〜。
Posted by KEI at 2008年06月22日 16:58
あーソコ突っ込むの禁止(笑)俺はこーして手を動かしてる方だしね。

照度差。あんまり厳密に考えてるワケじゃあ無いっす。
やり直しはしたくないんで、イイ目安にはなるかな?と。
で、LEDの明るさは電流値に比例?してくれる訳じゃないみたいだから、多めに差を付けとこー、くらいの感じ。
ナンバー灯もどうにかしなきゃなんないし、着手するのはまだまだなんでノンビリ良いパーツ探します。
Posted by とみた at 2008年06月24日 17:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。